ようこそ

山形大学大学院理工学研究科廣瀬研究室では、表面界面制御テクノロジーと室温原子層堆積法をベースに従来にはない発想でデバイス・太陽電池の革新をめざします。当研究室で取り組んでいるテーマは次の通りです。

 1.界面制御による高効率色素増感太陽電池の高効率化研究
 2. 室温原子層堆積の開発と応用研究
 3.ナノ微粒子機能表面処理とデバイス応用
 4.バイオ細胞膜を用いた2Dナノチャネル形成とトランジスタ応用
 5.モスアイを用いた有機太陽電池の光閉じ込め制御 

  多結晶太陽電池セル   次世代有機無機太陽電池 原子界面の組成分析を可能にするXPS

トピックス

  • 「室温原子層堆積法による金属酸化物ナノコーティング技術の事業化」研究では大学発新産業創出プログラムに採択になりました。
  • 2017年新機能性材料展に出展いたしました。